価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

豆知識


葬儀のためにおさえておきたい 横浜市でおすすめのケータリング業者一覧

概要

葬式の際、気になるのが参列者へのお料理。最近では家族葬で身内だけで葬儀を行おうとする人が非常に増えています。
近親者のみで行う為、来客のつど弔問者などに気を遣うことなく、落ち着いて故人とのお別れが出来ます。
こうした家族葬の場合には、お料理はケータリングサービスを利用すると大変便利です。
今回は横浜市でおすすめしたいケータリング業者を紹介します。

1.用意する料理

通夜や葬儀の際に準備するお食事は、主に3種類あります。



通夜振る舞い

会葬者・親族だけでなく一般の会葬者にも席についてもらうことがあるため、食事をする人数をはっきりと把握することは難しいでしょう。



料理に関しては一人に一つずつのお膳を用意するのではなくて、寿司桶やオードブルなど、多少人数が増えても大丈夫なように大皿料理を用意します。

そして、ビールやジュースなどの飲み物も用意しなければなりません。

その他煮物やてんぷらなどもあります。

もし故人の好きだった料理など希望があれば葬儀社に相談してみるといいでしょう。

葬儀前

食事をふるまうかどうかは、地方差によるところが大きいようです。

同じ横浜市内でもこうした習慣が残っているかどうかは地域で異なる場合があるので、事前に確認しておくといいでしょう。
食事をふるまう相手は、親族。葬儀で受付を手伝って下さる近所の方々など。。

料理は巻きずしや助六(巻きずしといなりの詰め合わせ)、簡単なお弁当といったお食事を用意します。

これは通夜ぶるまいと違って、一人に一つずつ用意しなければなりません。
そのため、何人分必要になるかをしっかり確認しておく必要があります。
しかし、単価が安いため少し余分を見て注文される方が多いです。

精進落とし

火葬後または火葬中に用意される食事。
料理は、仕出し弁当や寿司、懐石料理など。
今はメニューについて細かい決まりはなく内容は自由ですが、伊勢海老や鯛など、お祝いの席で出される食材は避けましょう。
食事の席につくのは普通は親族のみです。
したがって、人数を決めることが他のお食事と比べて容易でしょう。
お料理の提供は一人に一つずつ。
葬儀一連の流れの最後にあたる精進落としの席まで残るとなると、拘束時間もかなり長くなるでしょう。
そのためお料理を用意する予定の方には、必ずその旨を事前に伝えておかなければなりません。
勝手に料理の数を予想して決めるのではなく、必ず一人ひとりに伝えておいて下さい。
通常、葬儀社に食事の手配を依頼することが多いですが、最近は家族数名で送る葬儀も増えています。
また火葬を終えた後に、馴染みの料理屋さんに行くケースも。

2.お料理の相場

通夜振る舞い

日本消費者協会が発表した平成26年度の葬儀費用によると、葬儀の飲食接待費用の平均は約33万9000円とのこと。
通夜振る舞いの場合、1人あたり2000~3000円になるそうです。

もし通夜振る舞いの金額を安く設定したいときは、お寿司やサンドイッチなどオードブルにするといいでしょう。

葬儀前

前述の通り、提供される料理は巻きずしや簡単なお弁当など。
相場としては1人あたり、400~500円ほどになるでしょう。

通夜振る舞い

精進落としの費用は火葬中や火葬後など、行われる時間や場所によって異なります。
火葬中に行われる場合は、昼食としての提供となり、仕出し弁当が基本。
火葬後の場合には夕食として、初七日法要のさいの場合には昼食か夕食、どちらかとして席が設けられます。
出される料理の金額の相場は3000~5000円とされています。

3.おすすめのケータリング業者

横浜亭

横浜市はもちろん、神奈川全域に対応しているケータリング業者。
お寿司やオードブルなどのセット料理はもちろんのこと、朝食セットやご僧侶様向けのお弁当など豊富なメニューを用意しています。

通夜参列後は、通夜振る舞いの飲食を提供。

住所: 神奈川県横浜市南区六ツ川3丁目17−1
電話番号:045-721-0141
URL:http://www.yokohamatei.com/

イズミ産業

元々お寿司・いけす割烹料理店であり、安くて美味しいお寿司を提供している業者。
四季折々の自然の恵みと料理人の技を表現した懐石料理を中心に、一品料理や折詰弁当などメニューのラインナップが充実しています。

住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区仏向町946
電話番号:045-333-0163
URL:http://www.isg.co.jp/