価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

豆知識


横浜市で葬式をする際に知っておきたいこと

概要

核家族化や少子化の影響もあって、昨今では都市部や新興住宅地にて初め葬式を行うという世帯が増えてきました。また、お隣の東京都と同様、都市部を中心に家族葬を希望される方も多くなってきています。そんな時に気になるのが、葬式に関するマナーや葬儀にかかる費用の違い。同じ首都圏でも、東京都と横浜市を中心とする神奈川県では異なる点が多く見受けられます。今回はいざという時のために知っておきたい、横浜市を中心とした神奈川県でのしきたりや葬儀費用の相場について紹介していきます。

横浜市内の葬儀事情

葬式を取り仕切るにあっては、執り行う地域の実情について把握しておきましょう。
横浜市では、葬儀の際に斎場を利用する場合が多い傾向があります。横浜は住宅密集地やマンションやアパートなどの共同住宅が多く、自宅で葬儀を行ないにくいという事情があるからです。
主な斎場としては、 横浜市久保山斎場(西区)・ 横浜市南部斎場 (金沢区)・ 横浜市北部斎場 (緑区)・ 横浜市戸塚斎場(戸塚区)など公営斎場があり、これらの施設で葬儀を行なうことができます。また横浜市民が葬儀を執り行なう場合には、これらの斎場を安く利用することができます。 
ただし、市営斎場は葬儀に必要な手配を受け付けていないので、横浜市内の葬儀社に手配を依頼しなければなりません。 横浜の葬儀社なら、市営斎場の予約手配はもちろん葬儀に関するありとあらゆる手配を行なってくれます。また、市営斎場が予約できない場合は、横浜市内の民営斎場で葬儀も行なうことができます。

神奈川県特有のしきたり

葬儀はその地方によってしきたりが異なりますが、大都市である横浜市を中心とした神奈川県も例外ではありません。
神奈川ではどのようなしきたりがあるのでしょうか。

お葬式に参列するときのマナー

参列者は、通夜に焼香に行くことが多く、平日の葬儀には参列者が減る傾向にあります。
通夜参列後は、通夜振る舞いの飲食が出されるのが基本。主に都市部では短時間で退席することが多いですが、故人との関係によっては、遺族とじっくり思い出を語り合う人もいます。通夜振る舞いは、立食が多く、返礼品は香典返しを兼ねる即返しがほとんど。

通夜振る舞いには箸をつける?

横浜市はもちろん、神奈川県内では通夜の後、参列者に食事を振る舞う通夜振る舞いがあります。
いただくことは故人の供養になるとされていて、辞退することは失礼とみなされます。一口でも箸を付けるようにしましょう。

葬儀祝い

郊外の地域だと、80才以上の方が亡くなると長寿を全うしたとのことで、葬儀中にお祝いの行事をはさむことがあります。出棺前には、五円玉とキャラメルといったお菓子を配り、火葬中は、お赤飯を食べるのが習わし。悲壮感がない、心に残るお別れとして行われています。

横浜市内における葬式の相場

葬儀費用の相場は、どれくらいなのでしょうか?
ここでは平成28年日本消費者協会が行った「第11回葬儀についてのアンケート」の調査で発表された神奈川県内の平均的な予算を掲載します。

神奈川県の平均的な葬儀予算

葬儀費用一式:110万円
飲食接待費用:32.7万円
寺院の費用:50.2万円

葬儀費用一式

儀式を進行するのに必要な基本費用で、祭壇、お棺、人件費、ホール使用料、骨壺、供花、ドライアイス、事務用品、火葬料、遺体運搬費などがあります。

飲食接待費用

通夜振る舞いなど会葬に来ていただいた方へお出しする料理や、返礼品の費用。参列する人数によって費用が変わります。横浜市などでは通夜振る舞いを行うのが基本なので考慮しておきましょう。

寺院の費用

お葬式をお願いした寺院への御礼。宗派によって金額が変わります。

葬儀ごとの費用相場

執り行う葬儀の種類ごとの予算相場です。葬儀社によって見積もりが異なるので、業者に問い合わせて確認しておきましょう。
一般葬:800,000円~1,500,000円
家族葬:380,000円~600,000円
火葬・直葬:100,000円~400,000円
一日葬:300,000円~500,000円
その他の葬儀(海洋葬など):200,000円~800,000円

葬儀費用の全国平均は、約1,889,000円となっており、3年前の調査と比較すると10万円以上減少しています。最近では家族葬などが増えてきている関係で、葬儀費用は安くなっている傾向とのこと。
費用の相場はあくまで目安なので、時間に余裕がある場合は、なるべく複数の葬儀社から見積りを出すようにしましょう。